ホーム>東海寺日記>2016年8月

2016年8月

次世代リーダー創造塾の子どもたちが修行体験を行いました

宇都宮青年会議所の次世代リーダー創造塾の子どもたちが修行体験を行いました。

内容は、読経・礼拝行・座禅・作務(そうじ)・念珠作りなどです。

修行の中には自分との戦いがあります。

楽をしたり、途中でやめてしまうのも自分次第。

しかし、最後まで仏さまと自分信じてやり抜くと何かが残るはずです。

そして仏様への感謝や尊敬の気持ちが自然とでてきます。

一人でする修行のと仲間とする修行ではまた違うものです。

仲間がいると自分一人では越えられなかった壁を越えることができます。

お互いがお互いを助け合ってです。

そんな時に今日の修行体験を思い出してくれたら幸いです。

2016821215650.JPG

2016821215759.JPG

2016821215856.JPG

201682122012.JPG

201682122123.JPG

20168212228.JPG

201682122254.JPG

201682122618.JPG

201682122725.JPG

いわき市薄磯海岸にて東日本大震災物故者慰霊法要を行いました

8月9日、いわき市薄磯海岸にて東日本大震災物故者慰霊法要を行いました。

震災のあった年から毎年お盆前に行っております。

どうか安らかに…

南無大師遍照金剛

2016821211738.JPG

2016821211830.JPG

お施餓鬼法要を厳修致しました

8月2日(火)に毎年恒例のお施餓鬼法要を厳修致しました。

お施餓鬼は、新盆さまやご先祖さま、無縁さまをたくさんの供物をお供えし、有縁無縁の隔てなくご供養する法要です。

今の時代は物に恵まれ大変便利な生活を送ることが出来ます。

しかし、日本が恵まれているのはここ最近のことで、特に戦時中や戦後は大変貧しい国でした。

今の子供世代はもちろん、子供の親世代も日本が貧しかった頃がわからないと思います。

物があるのは当たり前ではなく、貧しかった時代にたくさんの方々が努力されてきた恩恵を私たちがいただいております。

また、世界に目を向けてみると貧困で苦しんでいる方がたくさんいます。

私たちはそのことを理解し感謝の気持ちを持つべきではないでしょうか。

仏さまに対しても同じことが言えます。

日頃私たちを見守ってくださる仏さまに感謝をし、お供物をお供えし供養する。

そうすると仏さまも必ず供養を返してくださいます。

そのことを「相互供養」と言います。

お互いがお互いを供養しあい尊敬と感謝の気持ちを持ち続けることが大切です。

この世の中に当たり前はありません。

どこかで誰かのおかげさまで成り立っています。

みなさんのおかげさまでお施餓鬼法要も無事に終えることができました。

ありがとうございました。

201684182757.JPG

お施餓鬼法要の前にご詠歌と法話がありました

201684182957.JPG

201684183243.JPG

20168418342.JPG

201684183457.JPG

201684183554.JPG

201684183647.JPG

20168418385.JPG

201684183917.JPG

201684184154.JPG

 

とちぎテレビ「恋とち」の取材がありました

とちぎテレビ「恋とち」の取材でAKB48 Team8 本田仁美さんが体験修行を行いました。

放送は、8月25日(木)17:30〜

5じはんLIVE @home 内の「AKB48 Team 8 本田仁美の恋とち

どんな体験修行をしたかは放送で見てくださいね。

201681221458.JPG

 

ページ上部へ