ホーム>東海寺日記>住職日記>秋季彼岸入り
住職日記

秋季彼岸入り

本日は秋季彼岸入りの日です。

東海寺ではお墓参り、ご供養にたくさんの方がお参りに来ています。

秋季彼岸は9月23日を中日として、その前後の3日合わせた7日間です。

よくお盆と彼岸の違いを聞かれますが、お盆はご先祖様がお家に帰ってくる期間、彼岸はこの世とあの世が近づく期間と説明しております。

仏教ではあの世のことを彼岸と言います。我々がいるこの世のことを此岸と言います。

その二つの世界が近づく期間ということなります。

こういった時に日頃忘れてしまっているご先祖様にお塔婆、読経、お線香やお供物によって供養しましょう。

お彼岸期間中、先祖供養、水子供養などの予約は若干の空きがありますのでこういった機会にご供養することをおすすめいたします。

2015920123325.JPG

東海寺では彼岸花がきれいに咲いています。

よく昔から「暑さ寒さは彼岸まで」と言いますが、季節の変わり目で体調を崩しやすいので、皆さんどうかご自愛ください。合掌

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.toukaiji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/54

ページ上部へ