ホーム>東海寺日記>住職日記>お施餓鬼法要を厳修致しました
住職日記

お施餓鬼法要を厳修致しました

8月2日(火)に毎年恒例のお施餓鬼法要を厳修致しました。

お施餓鬼は、新盆さまやご先祖さま、無縁さまをたくさんの供物をお供えし、有縁無縁の隔てなくご供養する法要です。

今の時代は物に恵まれ大変便利な生活を送ることが出来ます。

しかし、日本が恵まれているのはここ最近のことで、特に戦時中や戦後は大変貧しい国でした。

今の子供世代はもちろん、子供の親世代も日本が貧しかった頃がわからないと思います。

物があるのは当たり前ではなく、貧しかった時代にたくさんの方々が努力されてきた恩恵を私たちがいただいております。

また、世界に目を向けてみると貧困で苦しんでいる方がたくさんいます。

私たちはそのことを理解し感謝の気持ちを持つべきではないでしょうか。

仏さまに対しても同じことが言えます。

日頃私たちを見守ってくださる仏さまに感謝をし、お供物をお供えし供養する。

そうすると仏さまも必ず供養を返してくださいます。

そのことを「相互供養」と言います。

お互いがお互いを供養しあい尊敬と感謝の気持ちを持ち続けることが大切です。

この世の中に当たり前はありません。

どこかで誰かのおかげさまで成り立っています。

みなさんのおかげさまでお施餓鬼法要も無事に終えることができました。

ありがとうございました。

201684182757.JPG

お施餓鬼法要の前にご詠歌と法話がありました

201684182957.JPG

201684183243.JPG

20168418342.JPG

201684183457.JPG

201684183554.JPG

201684183647.JPG

20168418385.JPG

201684183917.JPG

201684184154.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.toukaiji.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/87

ページ上部へ