ホーム>東海寺からのお知らせ

東海寺からのお知らせ

夏休み1日体験修行「寺子屋」中止のお知らせ

毎年7月下旬に開催している夏休み1日体験修行「寺子屋」ですが、新型コロナウイルスによる感染拡大防止を考慮いたしまして、中止とさせていただきます。

開催を楽しみにしてくださった皆様にはご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ありません。

何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。合掌

新型コロナウイルス疫病退散(コロナ除け)のお札を頒布について

東海寺では摩怚利神法を修法して、新型コロナウイルス疫病退散(コロナ除け)のお札を奉製して頒布しております。

お札志納金 無料

※郵送での頒布となりますので事務手数料としてお気持ちを銀行振込にてお願いしております。

ゆうちょ銀行
記号 10710 番号 34985721
宗教法人 東海寺

ゆうちょ銀行以外からのお振込

ゆうちょ銀行
支店 〇七八(ゼロナナハチ)
普通預金
口座番号 3498572
宗教法人 東海寺

お札をお受けになりたい方はお問い合わせフォームよりお申込み下さい。

※郵送のみの対応となりますのでご注意下さい。

【お問い合わせフォーム】

https://www.toukaiji.com/contact/forms/index/1

2020429142835.jpeg

5月24日の写経会中止のお知らせ

5月3日の滝行体験中止のお知らせ

新型コロナウイルスの影響に伴う参加者の安全面を考慮し、5月3日(日)に開催を予定しておりました滝行体験の中止を決定いたしました。

お申込者の皆さまにはご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

次回の滝行体験の日程は未定となっております。

何卒ご理解ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。合掌

次回の滝行は5月3日に行います

東海寺の滝修行体験は日光の滝にて行います。

参加希望の方は東海寺までお問い合せください。

事前予約制になりますので、1週間前までに申込をお願いします。

詳細につきましては、滝行ページまたはお問い合わせ下さい。

滝行ページ

http://www.toukaiji.com/contents/training/takiko/

・お寺まで車でお越しの方は13:00に東海寺に集合となります。

・電車やバスでお越しになられる方は大江戸温泉物語 日光霧降に13:30までにお越しください。

・JR日光駅から大江戸温泉物語 日光霧降までは無料シャトルバスがございます。(詳細は大江戸温泉物語 日光霧降のホームページをご確認下さい)

大江戸温泉物語 日光霧降

https://nikko.ooedoonsen.jp

滝行写真

甲子大黒天のご案内

令和2年甲子大黒天

1月21日 23時

3月21日 23時

5月20日 23時

7月19日 23時

9月17日 23時

11月16日 23時

修法にお参りされる方は上記の時間にご来山下さい。
当日お参りできない方は郵送にて加持豆をお送り致します。

【一時千座法とは】

大黒天を拝んで願いを叶えるには千日、約三年の月日が必要と言われております。

千日という月日は、人を怠惰にさせず、重ねて続ける努力により、身に着く徳を得させるための期間です。

しかし、今すぐにでも大黒天さまのご利益をいただきたいというのが人の正直な心。

その想いを叶える秘法が存在します。

一晩のうちに千日分の供えと勤めを行う秘宝が一時千座法です。

この功徳は計り知れません。

この機会にご祈願ある方はお申込み下さい。

・通常祈祷 五千円

・特別祈祷 一万円

ご祈祷後、加持豆を修法後にお送り致します。

【お申込み必要事項】

・お名前(ふりがな)
・生年月日
・郵便番号
・住所(ふりがな)
・通常祈祷 or 特別祈祷
・願い事

以上を記入の上、お問い合わせフォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム
https://www.toukaiji.com/contact/forms/index/1

2020123123846.jpeg

佐貫観音節分会のご案内

佐貫観音節分会のご案内

日程 令和2年2月3日(月)

時間 11:00 節分会大護摩供
   11:30 豆まき式(福まき)

歳男・年女   一万円(大札・舞台から豆まき)
祈願護摩札   三千円
交通安全お守り 二千円

■縁起ものですので歳男・歳女でない方のご参加もお待ちしております。参加希望の方は当山までお問い合わせ下さい。

場所 佐貫観音
   栃木県塩谷郡塩谷町佐貫799

電話 028-669-2026

■節分会の流れ

①お申込み
電話かお問い合わせフォームよりお申込み

②受付
当日佐貫観音本堂にて受付

③祈祷
11時より節分会大護摩供祈祷に参加していただきます

④祈祷後
舞台へ上がり豆まき(福まき)をしていただきます

⑤豆まき後
本堂で祈願護摩札をお受けになり解散となります

【節分の由来】
節分は「季節を分ける」ことを意味し、立春・立夏・立秋・立冬の前日をさします。旧暦では立春から新年が始まるので、立春の節分はその年の大晦日にあたり、新しい一年の厄災を払う伝統行事として発展してきました。
とくに、江戸時代以降は節分というと立春の節分を指すようになります。
古来より、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていました。古くは平安時代に、鞍馬山から鬼が出てきて都を荒らすので、祈祷をして鬼の穴を封じ、炒り豆で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという故事伝説も伝わっています。

202014134446.jpeg

年末お掃除会のご案内

12月22日の写経会は中止となります

除夜の鐘のご案内

ページ上部へ